「おねしょ」が早く治る

小さいお子さんがいる間は「おねしょ」が早く治るか治らないかということはとても気になってきてしまう部分かもしれません。

「おねしょ」というのはどうしても小さいお子さんの場合だと、自分でコントロールすることができません。

そのため、おしっこに行きたいと思っても、トイレに行かずにそのままの場所で「おねしょ」してしまうのです。

そういったおねしょというのは実際にはいつごろからなくなってくるのでしょうか。

「おねしょ」というのがだいたいほとんどなくなってくる時期というのは5歳から6歳の間にはほとんどの子どもが「おねしょ」がなくなっているといわれています。

とはいえこれは平均的な統計になりますから、全員が全員5歳から6歳の間に必ず「おねしょ」がなくなるというものではありません。

神経質な両親になってくると、この「おねしょ」の期間がほかの人よりも遅くなってしまったりした場合、子どもを叱ったりしてしまう場合がありますが、こういうことはやってはいけません。

子どもも「おねしょ」を完治しようとしながらもできないということが原因のほとんどですから、叱ってしまったりすると、逆効果で、ずっと「おねしょ」が治らないという結果を招いてしまうことも少なくありません。

ですから、「おねしょ」が治らないということであれば、寝る前に必ずお入れに生かせるようにしたりだとか、寝る前には飲み物をごくごく飲ませないようにするだとかそういう配慮が必要です。

また、子どもの「おねしょ」の原因が何なのか、両親が理解してあげることも大切です。

おねしょの原因についてはこちらのサイト(http://www.wakando.net/yanyousho/)を参考にしてみてください。